✳️雑誌「からだにいいこと」公式ブロガー✳️ 平凡すぎる毎日を少しでも楽しくするために、小さな「おもしろいこと」を探す日々の記録です。


by たにみち
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:つぶやき( 57 )

がっかりなコト

一気に気温が下がった週末、
次男のサッカー観戦に行った。

冷たい風を顔面で受け止めつつ
観戦すること1時間。
そのせいかどうかは、わからないけど、
その後のお肌の調子が悪い。

少ない潤いを逃がさないように、
そして、少しでも潤いが増すように
毎日の地道な保湿ケアとマッサージ
によって保たれていた肌状態は、
あっけなく最悪な状態にまで
落ち込んでいる。

水分が吹っ飛んだみたいに
肌がゴワゴワしてるし
シワがくっきりだし
ほうれい線もくっきりだし、
顔色悪い。

単純に年齢のせいかも
しれないけれども
何ともがっかり。

いったい何から手をつけたら
いいのかわからないけど
また地道に保湿に励むしか
ないよなぁ。

これからの外出は
マスクして行こう。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-12-12 09:25 | つぶやき | Comments(0)

個性が光る お皿

c0186511_19260113.jpeg

前の派遣先で
陶芸部
の活動に参加させて
いただいていた。

陶芸以外にも
いろいろあって
私の記憶が確かであれば、
サバイバルゲーム部
みたいなのも
あった気がする。

長男に言うと
目を輝かせて
入りたい!
と言ってきた。

その強い気持ちで
受験を乗り切り、
就活を乗り切り、
見事、正社員として
内定を勝ち取って
もらいたいもんだ。

そして私達夫婦に
初月給で なんかええもん
買ってくれ。

頼むぜ!長男!

まぁそれはそれとして、
今回の陶芸作品。
滋賀県の陶芸教室で作った
もので、
最終的にプロが手直しを
したのち窯焼きしてくれる。

作ったのは2点。
c0186511_19263441.jpeg

独特のガタガタ感は
個性が光る
という表現でいいだろうか。

手直しも さぞ
大変だったことだろう。

でも
お料理を盛ってみたら、
まぁまぁ
いいんじゃないいの?

と、
自分では思っている。

数少ない我が家の食器に
仲間入りしたお皿たち。

大切に使っていこう。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-12-10 18:44 | つぶやき | Comments(0)

簡単 柿ケーキ

c0186511_14535209.jpeg

夫の実家からもらった柿で、柿ケーキを作った。
(この続き↓)
柿とホットケーキミックスと
油と砂糖と卵を混ぜて焼くだけ。

かんたんだー

ちょっとお腹も膨れるので、
息子たちの
部活帰りの軽食にもぴったり。
ただ、
ちょっと膨れるだけなので、
夕食まで時間があくと
もたない。

もうすぐご飯と言う私の
忠告を聞きながら
がつがつ食べる。

結局
翌日には完食だった。

夫と私は、
一切れくらいしか食べて
ないわけなんだが。

ケーキを
ガツガツ食べた後に、
夕食のお肉と白飯をこれまた
モリモリ食べる。

だけど、
太らない。

ただただ、

すごいなぁ
いいなぁ

と思う。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-12-02 14:52 | つぶやき | Comments(0)

おいしいやつ、発見


c0186511_09435277.jpeg

パッケージの写真に惹かれて購入。
食べた事ないけど直感で、
これ美味しいやつやん
と思った。

冷蔵庫に入ってるのを発見した
次男。

あ、
これ美味しいやつやん

と言って取り出した。

知ってるの?
と聞くと、

知らんけど。
との事。

決め手は
写真からのイメージのみ。

あぁ、
親子だなぁ
と思った瞬間だった。

ちなみに、
程よい塩加減とふわっと感で
本当に美味しかった。

私の直感、
結構当たるのです。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-28 09:42 | つぶやき | Comments(0)

秋の収穫祭!

夫の実家に行ってきた。

家庭菜園をされているので、
その収穫のお手伝い、というか、
収穫物をいただきに。

まずは、さつまいも。
c0186511_08512366.jpeg

芋掘りを楽しみにしていた次男は、部活のため不参加。
長男にかかれば、芋掘り、というより芋抜き状態。
どんどん手で引き抜いて、あっという間に終了。

そして落花生。

c0186511_08512959.jpeg

しょうが。

c0186511_08511999.jpeg

男子高校生。
力仕事に関しては十分な働きを見せていた。
いつもお世話になってばっかりなので、
役に立って良かった良かった。

c0186511_08511349.jpeg

そして柿はこんなにたくさん!
脚立に登って収穫して、選別して、箱詰め。

毎年届く柿の詰め合わせは、
こんなに手間がかかってたんだと改めて思う。
今年も大切にいただこう。

そしてそして、
久々に柿ケーキを作ってみようと思う。
柿ケーキ、昔のブログが懐かしいのでしらっと貼ってみた。
今はもう、こんなノリではないけどね〜
ちなみに前回はなかなか
インパクトにある手土産をいただいた。
今回は、こちら。

c0186511_09251663.jpeg
ロシアのお土産。
温かみがあってかわいい!
いつも有難うございます。



「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-13 09:37 | つぶやき | Comments(0)

洗濯物は洗濯カゴへ

c0186511_09031314.jpeg



何度注意しても、自分のパジャマを
洗濯カゴに入れない長男。

洗濯カゴまで
あともう少しだというのに、
なんで?
なんで入れる事ができないのだろう。

パジャマ自体は
微妙に畳んでいるかのように
見えるが、
そんな事はいいから、
洗濯カゴに入れてはくれないか。

床に置きっ放しは
見るに堪えないので
ついつい私が移動させてしまう。

しかしそれが良くないのだろう。
今日はこのまま放っといてみようか。

しかしそれだと
今後、
この位置が彼のパジャマ置き場に
なりかねない。

彼にとっては
パジャマが床に転がっている状況は
おそらく問題ではないのだろう。

以前、
洗濯カゴをもう少し手前に引き出して
洗濯物を入れやすいように工夫してみた。

しかしそれでもやっぱり
彼の洗濯物は床に置かれる状況だった。

もう不思議でしかない。

他の家族はみんな
手前に引き出さなくても
洗濯カゴに入れている。

4人中3人が通常問題なく
入れているという事は、
洗濯カゴの位置は
不自然ではない証拠だと思う。

洗濯カゴを引き出すと、
飛び出ている洗濯カゴが
邪魔になるからと、
元の位置に戻された。

おそらくこれが
一般的な反応では
なかろうか。

昔からとにかくマイペースな長男。
どことなくマイルールを守る姿勢を感じる。

洗濯物を洗濯カゴに入れる、は
彼のルールの中で恐ろしく優先順位が低い
のだろう。

今後も地道に
優先順位を上げていただけるよう
説得していこうと思う。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-08 11:02 | つぶやき | Comments(0)

ビール代わりの炭酸水

c0186511_10244370.jpeg
我が家では
炭酸水を常備している。

息子たちにとっては
コーラやジュース代わり。

夫と私にとっては、
ビール代わり。

夏場はこれで
出来るだけビールの消費を
抑えている。

暑い夏、強炭酸は
なかなか、いい仕事を
してくれてるのだけれども
強炭酸だけに、
一気に飲みきるのは難しい。

しかし
一人、1つのペットボトルを
最後まで責任を持って
炭酸が抜けきるまでに
飲みきる必要がある。

しかし冬場だと、
減りが遅くなり、
1本飲みきるのは結構大変
だったりもする。

家族なんだから
みんなでシェアするという方法
もあるとは思うがしかし、
ペットボトルは各自口をつけている。

息子たちは
それを分け合うくらいなら
責任をもって1本飲み干す
方がいいと言う。

それならコップについで飲む方法
を提案したところ、
いちいちコップにつぐ位なら、
責任をもって1本飲み干す
方がいいと言う。

c0186511_10245093.jpeg

そんなわけで
我が家では、炭酸水の管理をしやすい
ように名前を記入している。

普段
ジュースなどをあまり飲まずに
過ごしてきたからか、
息子たちは今まで虫歯になった事
がない。

しかし
長男は高校に行くようになってから
買い食いをしまくっている。

そろそろ初虫歯を経験する事に
なるかも・・

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-07 10:33 | つぶやき | Comments(0)

牡蠣ランチとバイトくん

c0186511_08464541.jpeg

牡蠣のランチを楽しむべく大阪へ。
牡蠣を美味しいと思うようになったのは
いつ頃からだろう。

子供の時は、その見た目も味も気に入らず
無視していたけど、今はすっかり大ファン
だったりする。

そんなわけでやってきたお店で、
出迎えてくれたのは、明らかに
ぼく、バイトです!
という感じの若者だった。

ここ最近訪れるお店では、
慣れた接客で対応される事が多かった、
と初めて気づく。

特に問題のない接客は、特にそれほど
心に残らないもんなのかもしれない。

そんな彼が注いでくれた白ワイン。
なんかちょっと多いような気も
しないではないが、
有り難くいただいておいた。

やはり、昼のワインはいいね〜
牡蠣も美味しかった。

そして、
息子たちが、どこかのお店でバイト
をするようになったら、
こそっと様子を見てみたい、と
思った。


[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-26 08:46 | つぶやき | Comments(0)
昨日やった家事

・寝室のカーテン洗濯と取り付け
・寝室の床の雑巾がけ
・寝室の窓、および窓枠の清掃
・扇風機を拭いて収納
・電子レンジの内部清掃
・廃棄用新聞紙の紐がけ
・トイレの便器及び床の掃除
・トイレットペーパー補充
・ボディソープ補充
・ごちゃごちゃの文房具入れの整頓
・学校に提出する保護者宛プリントの記入
・回覧板を押印して回す

そのほか、
・洗濯、取り込み、収納
・買い物、料理、後片付け
・リビングの掃除機かけ
というレギュラー家事。

主婦の仕事は盛りだくさん。
な割に、目につきにくい。
そして評価されにくい。

だから、
どんな家事をやったのか、
日々、報告する。

そしてほぼ強制的に

ありがとう

を言わせている。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-23 09:25 | つぶやき | Comments(2)
c0186511_11173151.jpeg

前に、
自分用昼食に作るサンドイッチ
で余ったパンの耳を使い、
昔懐かしの?ラスクを作った。

懐かしいのは私だけで、息子たち
にとっては初めて食べるおやつ。

簡単だけど素朴で美味しい。
そして経済的。

なかなか気に入っていただけた
ようだ。

手作りのおやつ
(たとえ超簡単であっても)を
「美味しかった。また作って」
と言われると、素直に母として嬉しい。
たとえ超簡単であっても!

そして、その嬉しい言葉をもう一度
聞きたいが為に、すぐには作らない。
たとえ超簡単であっても!

美味しかった

という言葉は普段なかなか聞く事が
できない。
単純に 美味しくない のかもしれないが
その可能性はこの際置いといて、
趣味で毎日料理を作っているわけでは
ない私にとって、何の反応もないのは
虚しい。そして、お気に召さない時の
ダメ出しはこれ以上ない程腹が立つ。

だから
「美味しかった。また作って」
は、それこそ録音しときたい程に
貴重な言葉なんである。

昨日、
「パン耳のやつ食べたい。
あれ、美味しかった」
と言ってきた。

今日は作ってやるか。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-21 11:17 | つぶやき | Comments(0)