✳️雑誌「からだにいいこと」公式ブロガー✳️ 平凡すぎる毎日を少しでも楽しくするために、小さな「おもしろいこと」を探す日々の記録です。


by たにみち
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:こども(現在)( 14 )

さといも君

c0186511_13021373.jpeg

昨日、
夕食の煮物に悪戦苦闘していた次男。

里芋を箸でツンツンしていると
思ったら、
ちょっとカワイイ感じになってたので
記念の一枚。

この後
嫌々ながらも完食いたしました。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-09-03 13:01 | こども(現在) | Comments(0)

斬新ですな

c0186511_13444486.jpeg


次男がお昼に素麺を作ったらしく、
出来栄えを
ラインで送ってくれた。

なかなか
インパクトのある仕上がりだと思う。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-09-02 13:43 | こども(現在) | Comments(0)

お昼ごはんこれ?

c0186511_15240376.jpeg


夏休み中の長男からラインが入った。

「お昼ごはん、これ?」

いつも、丼などを「ごはん」とメモ書きした上で冷蔵庫に
入れている。
この日はメモ書きを忘れたのだけど、見た目でこれだと
わかったんだろう。
しかし、
ごはん、トンカツ、チーズ蒸しパン
の3セットは、何だか組み合わせ的に胸焼けしそうだ。

この日は、レトルトカレーをキッチンに置いている。
そして、冷蔵庫の上の段にサラダも置いている。
なので、私の思惑としては

朝ごはん→チーズ蒸しパン
昼ごはん→カツカレーとサラダ

というまぁまぁ、ありそうな献立だった。

別にどれをどう組み合わせてもいいのだけれども、
わざわざ、「昼ごはん、これ?」と送ってきたところを
考えると、やはりちょっと
ごはん、トンカツ、チーズ蒸しパン
をセットで食すことに疑問を感じたんだろう。

明日から1週間は仕事がお休み。
子供達もお休み。

お昼ごはん、どうしよう。



[PR]
by tmrg-tani | 2018-08-12 15:24 | こども(現在) | Comments(0)

誕生日プレゼント

c0186511_08462597.jpeg

次男 14歳の誕生日プレゼントはiFace。
誕生日から半月ほど経ったある日
唐突に
コレ欲しい!
と言ってきた。

物欲がない彼は
毎回プレゼントの希望を聞かれると
ものすごく悩む。

なかなか答えが出せず、
モタモタしてる間に、祖父母から
分厚い図鑑がメッセージカードと共に
贈られてくる、というパターンを
何度か経験している。

残念なことに
「生物」にも「植物」にも特に興味がない
彼は、それでもせっかく贈ってくれたん
だからと、パラパラめくったりは
するものの、その内容が知識として吸収
される事はなかった。

そんな、
彼にも、祖父母にも、図鑑を制作した
各関係者の皆様にとっても
残念な結果を迎えることがないよう
今回は極力早めに希望を伝えるなり、
欲しい物を伝えるまで待っててもらうなり
何か対策を立てるように助言しておいた。

現在、まだ図鑑は届いてない。

果たして、
どういう話になってるんだろう。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-07-16 08:46 | こども(現在) | Comments(0)
c0186511_18401344.jpeg

随分まえに買ったデザート。
長男と次男用に2個。

すぐに食べた次男。
数日経っても食べなかった長男。

次男は私に聞いた。
(長男の分も)食べていい?

私は過去の経験から学んでいる。

ここで軽々しく、いいよ
と言ったら、後でとんでもない
修羅場が待っている可能性が
あることを。

なので、
長男に聞くように、と回答した。

長男の回答は、
あとで食べる
だった。

渋々引き下がる次男。

それからまた数日おきに
食べていい?
長男に聞いて→
あとで食べる→
引き下がる
を繰り返し、そしてついに今日、
次男は強硬手段にでた。

おれ、食べる!

と言うと
おもむろに冷蔵庫から取り出し
なんの迷いもなく、
ガツガツ食べ始めた。

あーー
おいしーーー

幸せそうに言う。

大丈夫なのか?と聞くと

大丈夫!
絶対忘れてるから。

と、ゴロゴロしながら答えてきた。

その自信はどこからくるのか
わからんが、
まぁ、きっとそうなんだろう。

でも念のために
また買っておこうと思う。




[PR]
by tmrg-tani | 2018-07-14 18:39 | こども(現在) | Comments(0)

お残しのあと

c0186511_06091786.jpeg

小汚い画像で失礼します。

昨日の夕食はハンバーグだった。

食いたくないモンは食わない!
主義らしい長男は、

残りは明日の朝に食べる

と言って、ご馳走さま。

だから
今日の彼の朝ごはんはコレ。

いつもは
器を変えたり盛り付け変えたり
してたけど、
次男から

そんなことする必要ある?

と言われて気づいた。

そんなことしてやる必要ないかも。

ちなみに
ハンバーグは市販のもの。
他のおかずは私が作ったもの。

帰りが少し遅くなった日に、
おなか減ってるだろうと思い
他の家事そっちのけで
必死で作ったおかず。

それを
まるごと残されたわけだ。

あ、腹たってきた。

今日の朝ごはんも
残したら、必ず夜ご飯に
回してやる。



[PR]
by tmrg-tani | 2018-07-04 06:09 | こども(現在) | Comments(0)

鮭の気持ち

c0186511_14031816.jpeg

「愛情を込めて育てた」銀鮭。

冷蔵庫のそれを
じーっと見つめていた次男。

そして一言。

その愛情って、
本当に鮭に伝わってるんかな?

うーん。
それは、わからない。

でも、伝わってると信じたい。

わたしが君に込めている愛情も
君に伝わっているのかどうかは
わからないけど、
でも伝わっていると信じたい。




[PR]
by tmrg-tani | 2018-06-30 14:01 | こども(現在) | Comments(0)

完璧ラジオ体操

長男の高校の1学期の体育は、
行進とラジオ体操のみだったらしい。
じゃあ、楽チンじゃないのか?と思ったら
これがなかなかハードだそうで。

だけども行進とラジオ体操でしょーと
言ったら、実演してくれた。

ものすごく
ものすごく
キビキビしたラジオ体操を。

指先まで気をぬく事なく
一つ一つの動きが
完璧なまでに仕上がっている。

軍隊のようなラジオ体操。
完璧すぎる。

思わず笑ってしまった。
完璧すぎて。

次男も笑わずにはいられず
リビングは明るい笑いに包まれた。

自分が経験してきた体操であり、
動きもわかるだけに、
全く違う仕上がりになっている事に
驚きと感動とそしてやっぱり笑いと。

そんなラジオ体操の本番である
体育大会をぜひ見てみたかった。

きっと感動モノだろうなぁ。


[PR]
by tmrg-tani | 2018-06-29 20:31 | こども(現在) | Comments(0)
次男の期末テストが来週から
始まる。

1年の時は、
まだ定期テストに対する意識が
低く
テストの数日前から本腰を入れて
勉強していた。
それでも
おれ、今回はイケる気がする!
と言うので多少期待したが、
結局
思うような点数が取れなかった。

2年の中間テストの時は
1週間前から本腰を入れて
おれ、今回はイケる気がする!
と言ってきたが、
結局
思うような点数が取れなかった。

彼なりに対策を考え、まず
成績の良かった友達を対象に、
いつから勉強してるのかを
リサーチしてきた。

結果、
2〜3週間前から対策を始めてる
という衝撃の事実が判明し、
ヤバイ、マジか、そうだったんか
と甘すぎた自分の計画を見直し
今回はいつもより前倒しで
試験対策に臨んでいる。

明日からテスト1週間前になる。
今の時点で
おれ、今回はイケる気がする!
と言っている。

そのセリフ、
言わない方がいいのではないか
と思わなくもない。

しかし今度こそ
今度こそ結果を出してほしいと
心から願っている。



[PR]
by tmrg-tani | 2018-06-17 17:41 | こども(現在) | Comments(0)
学校でも部活でも塾でも
いつも元気いっぱいで
友達も割と多いほうだと
思われる次男。

しかし。

実は
超絶人見知り。

先日、
夫の祖母の法事があった。
親族の集まりは約7年ぶり。

この日
久々に集まった親戚の中に
高1男子が2人がいた。

法事のあとの食事会。

コースに焼飯が
ついているのだが、量が多くて
次男が食べきれない様子。

せっかくのご馳走だから
残してはいけない。
しかし食べきれない。

そういう焦りが顔に
出まくっている。
隣の長男に応援を頼むものの
長男も満腹の様子。

すぐ後ろに
高1の男子が2人いる。

これは話しかける絶好の
チャンス!
兄と同い年の男子。
恐れる事はない!

「これ、食べへん?
おれ、お腹いっぱいやねん」

これだ。
このセリフを笑顔で
言ってみるのだ!

長男の
「がんばれ。大丈夫や。
優しそうやし」
という声が聞こえる。

久しぶりとはいえ、
子供の時の記憶が殆どなくて
初対面と同じような状態。

お互い
様子を伺っているようだし、
きっかけさえあれば
距離を縮める事ができそうな気がする。

きっかけになるのだ!

しかし
いつまでたっても
モジモジしたままで
動こうとしない。

少しずつ
場はお開きの方向へ
進んでいく。

見かねた長男が
男子たちに声をかけた。

結局
高1男子の間で交渉成立
したらしく
焼飯は綺麗に完食された。

これ以外にも
この日1日で
次男が発した言葉は
「はい」のみだった。

これから
どんどん新しい環境に
飛び込んでいかないと
いけないというのに
本当に大丈夫なんだろうか。

帰りの車で
いつも通り元気に
長男と話す次男の声を
聞きながら
思わずにはいられない
わたくしでした。


[PR]
by tmrg-tani | 2018-05-29 17:49 | こども(現在) | Comments(0)