✳️雑誌「からだにいいこと」公式ブロガー✳️ 平凡すぎる毎日を少しでも楽しくするために、小さな「おもしろいこと」を探す日々の記録です。


by たにみち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:こども(現在)( 24 )

髪型チェンジの真相

c0186511_17460695.jpeg

次男の髪は、とっても短い。

彼自身は長年、
走るとさらっと揺れるくらいの
長めの髪型が好みだった。

しかし残念なことに
若干クセ毛の髪質では
さらさらというより
ふわふわになってしまう。

別にふわふわでも
いいのだけれども
特にお手入れもしないままの
ふわふわ髪は
もさもさ、または
ボサボサ、という表現の方が
しっくりくるような状態だった。

それがある日
突然「五分刈り」になった。

友達と一緒に床屋に行って
友達と同じ髪型にしたようだが
なかなか衝撃的だった。

なぜ、
ある日「五分刈り」なんだろう。

本人は、
こっちの方がいいから
と言ってるが。

部活内で何かとんでもない事を
やらかした時は、罰として
「髪、切ってこい!」
と言われる事があるとかないとか。

いつの日か、
真相を確かめねば。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します


[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-21 09:17 | こども(現在) | Comments(0)
c0186511_08513402.jpeg
ちょっと風邪気味の次男。

現在、
寝室に加湿器がない次男は
自分専用の加湿器をご要望。

自分で選びたいというから
お任せしたら、
何となく
ファンタスティックな
商品が届いた。

キラキラして
眠れないのではないか
と心配したが、
光はOFFに出来るらしい。

それよりこれは
加湿器というより
アロマを楽しむやつでは
ないだろうか。

見てみると

卓上加湿器
アロマディフューザー
アロマライト

と書いてある。

当然我が家には
アロマオイル
などというシャレたもんは
ないので、
卓上加湿器としての
機能一択になるわけだが。

しかしこれは
新しい世界を知るチャンス。
せっかくだから
アロマディフューザー
としての機能も試してみたい。

次男の部屋だけ
女子っぽい香りが漂う
かもしれないけど、
試してみたい。

そして気に入れば
私の寝室用に購入してみよう
と思う。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-20 09:02 | こども(現在) | Comments(0)

Simple is Best

c0186511_09352298.jpeg

リビングに無造作に転がっていたモノ。

札を見ると、
クラスと番号と名前と
「派手にならないように頑張った」
の文字。

次男が美術で作った作品らしい。

おそらく、
この工程のあとは色つけだった
のではないかと思うが、
「派手にならないように」
何もしなかった、と言っている。

決して、
面倒くさかったわけではなく、
「派手にならないように」
何もしなかったらしい。

先生から何度も
「これでいいの?」
と聞かれたそうだが、

自分の意思を突き通したと
誇らしげに語ってくれた。

せっかくなので
飾ってみる。

c0186511_09345227.jpeg

あら?

意外に
結構
なかなか
いいんじゃないの?


第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「暮らし」部門に応募します

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-06 09:47 | こども(現在) | Comments(0)

行かないよ。

c0186511_20102294.jpeg

次男からのライン。

塾に国語の持ち物を全て
忘れて行ったようだ。

塾に行くギリギリまで、
寝っ転がって
スマホゲームに精を出して
いた次男。

準備は出来ているのか?
という質問に、

あー

と答えた次男。

正確には、

あー(怒)

だった次男。

ゲーム中に話しかけん
じゃねーよ

という心の声が
聞こえまくっていた次男。

そしてこのライン。

母は、行かない。

行く気が
全く
しないからねぇ!

[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-05 20:09 | こども(現在) | Comments(2)

高校生活は順調の模様

c0186511_15131114.jpeg
昨日、
学校から機嫌よく戻った長男。

学校でハロウィンパーティが
あったらしい。

パーティ?
パーティて・・

なんやその
アメリカのスクール
みたいな催しは?

学校が主催してるわけでは
なく、各クラスで勝手に
盛り上がるイベントらしく、
朝礼前からすでに
お菓子配りが始まり、
休憩時間と放課後は
ダンスまで企画されている。

写真にはとれなかったけど、
大量のお菓子を持ち帰り
楽しい高校生活をお話して
くれた。

先生も生徒も
ほのぼのした印象の高校なので
長男には合っていたのだと思う。

厳しい受験の冬
頑張って良かったね。

しかしボヤボヤしてたら
また厳しい受験の冬がやってくる。
今度は崖っぷちに追い込まれる前
から準備していこうね。

頼んだぜ!







[PR]
by tmrg-tani | 2018-11-01 15:12 | こども(現在) | Comments(0)

白飯弁当

c0186511_15381816.jpeg

次男の職場体験が終了した。
最終日は接客も経験したらしく、
楽しい体験になったようだ。

◎ 次男職場体験は こちら

ところで、体験期間中はお弁当持参。
いつもは梅干しかふりかけをセット
するのだが、最終日はすっかり忘れて
しまい、白飯だけだった。

持って帰った弁当は、おかずのみが
食べられていて白米は手付かず。

「だって、白ごはんだけのお弁当
なんか恥ずかしくて見せられへん」
から、
ご飯が入った箱は蓋も開けず、
おかずの箱のみを食べたらしい。

なんでそうなるかなぁ。
まぁ、
確かに見た目寂しいけどさぁ。

ちょっと周りを気にし過ぎて、
失敗を恐れすぎる傾向がある次男。

これから社会に出て、
(出来れば社会人になる前から)
失敗や恥ずかしい体験を多いに経験し、
少しずつ、図太い精神力を養って
いってほしいと思う。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-29 15:37 | こども(現在) | Comments(0)

ワクワクの職場体験

次男は現在「職場体験」に行っている。

これは
「生徒が事業所などの職場で働くことを
通じて、職業や仕事の実際について
体験したり、働く人々と接したりする
学習活動」である。

そんなわけで次男は現在、
おかき工場で完成したおかきを
ダンボールに詰める、
という作業を担当している。

職場は自分で希望が出せるように
なっている。
なぜ、おかき工場だったのか。

本人いわく、
「決まった作業を延々と繰りかえす
仕事が好きだから」

流れてくるおかきを、ひたすら袋に入れる。
考えただけでワクワクする!らしい。

ワクワクするポイントは人それぞれ。
私は特にワクワクしないが、
嬉しそうに語ってたので
きっと彼は本当にワクワクなんだろう。

体験は、朝9時から夕方4時まで。
1時間の休憩をはさんで、実働6時間。

6時間、
ひたすら立ちっぱなしで黙々とおかきを
ダンボールに入れ続けた感想は
・・・・だった。
せめて座れたならもう少し違ったかも?

それにしても、
体力と集中力と持続力が乏しい私には絶対
出来ない仕事だ。

ちなみに
長男は中学時代、消防署に体験に行った。
消防署の訓練に参加して、壁を登った経験は
物凄く楽しかったようで、
中学時代の楽しい思い出ベスト3に入っている。

職場体験はあと2日。
今日は別の仕事をするようだ。
働くのは大変だけど、
良い経験になってほしい。


[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-25 10:53 | こども(現在) | Comments(0)

思い出のファミレス

昨日、ランチに近くのファミレスへ行った。
実はこのファミレスには少し切ない思い出がある。

息子たちが幼稚園時代、
長男がお友達の家に行く事になった。

それまでは年が近いこともあって、
お互いの友達であっても兄弟一緒に遊ぶ事が
ほとんどだった。

でもこの日は、
長男が自分の友達数人と遊ぶ約束をしていて
その中には次男を知らない友達も混ざっていた
事もあり、長男のみで遊びに行く事になった。

次男は、いつも通り自分も遊びに行けると
思っていた為、大号泣。

何度なだめても効果がなかったので
ランチにファミレスへ連れて行った。

普段、親子でランチに外食は滅多にしない。
でも次男の泣きじゃくる姿を見て、
少しでも気が紛れればと思った。

ピザが運ばれてきて、少し機嫌が治った。

今日は長男が自分の友達だけで遊びたかったこと。
仲間外れにしたわけではないこと。

そんな状況を理解し気持ちを切り替えよう
としているのか、
「おいしい、おいしい」と泣き顏の
笑顔でピザを口に運ぶ次男。

時折、
でも自分も遊びたかった

と呟いては、また涙がこぼれる。

幼稚園に入れば、兄弟で遊ぶ近所の友達以外に
自分と同学年の友達という繋がりも出来ていく。
いつまでも弟とセットで遊ぶわけにもいかない
時がある。

次男には、寂しいけれども
そういうもんだと理解してもらうしかない。
今度、長男のお友達を家に呼んで皆んなで
遊ぼうね、と言うしかなかった。

デザートのアイスクリームを食べる頃
には、ようやく別の話題を話すように
なった次男。
家に帰ると泣き疲れたのか
眠ってしまった。

夕方、お友達の家から帰った長男。

開口一番、
「今度遊ぶ時は一緒に遊ぼう!」

次男を知らないお友達に、
今度は弟も一緒に遊んでいいかと聞いて
くれたらしい。
そして次回は皆んなで遊ぼうという事
になった、との事。

私が気を回す前に、
長男が先回りしてくれていた事に感謝。

そんな時代があったなぁと
ちょっと懐かしく思った昨日のランチ。

ちなみに今は
お互いの友達と遊ぶ事は皆無。

まぁ、それぞれに楽しければそれで良いさ。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-10 10:41 | こども(現在) | Comments(2)

イケメン男子高校生

長男が友達を連れてきた。
私は外出していて、
帰ってきたら次男がふくれっ面
で教えてくれた。

いま、
自分の部屋で遊んでいると。

学校帰りに友達を家に呼んだ
のは初めてのこと。
どんな子なんだろう?と
思っていたら階段を降りる音
が聞こえた。

友達は元気に
「こんにちは!お邪魔してます!」
挨拶してくれた。

玄関に置いていた自分の鞄を取りに
きたらしく、鞄を抱えると
さっさと階段を上がっていった。

階段から玄関が近いことと
私がキッチン側にいた事で、
顔ははっきり見えなかった。

むかーし、
息子達の子育てに息切れしていた頃
毎日心の支えに読んでいた
子育て本に、

10年後はイケメンな友達を
連れてくるかもしれない

と書いてあった。

今は苦しくても辛くても、
あと10年たてば中学生。

ママ、ママ
とまとわりつく事もなく、
母さん、友達連れてきたよ
と、爽やかな笑顔の息子の
後ろにこれまた飛び切り
爽やかな笑顔の友達が
立っている、という図を
想像することで
毎日の育児を乗り切った。

あと10年頑張れば、
イケメン中学生、
イケメン高校生、
イケメン大学生
を拝める可能性があると
信じて。

そしてそれは真実だった。

中学生時代
かなり爽やかな友達を連れて
きた事があった。

そして初めての高校生。
期待は高まるばかりだったので
顔を見れなかったのは残念だ。

しかし、
時刻を考え長居する事もなく、
挨拶もきちんと出来る友達で
あることに安心した。

ちなみになぜ
次男がふくれっ面だったのかと
いうと、
友達が家にきた時、彼は
ソファで眠っていたらしい。

自分の寝姿を
友達に見られた事が気にくわない
らしかった。

大丈夫。
友達は君の寝姿に100%興味ない。

なんにせよ、
楽しく学校生活を送っているようで
何よりだ。


[PR]
by tmrg-tani | 2018-10-07 07:57 | こども(現在) | Comments(4)

夏休みの自由研究

c0186511_08483393.jpeg


スマホの写真を何気に見てたら
うお!なんだこれ!
という写真を見つけた。

これは、
次男の夏休みの宿題の自由研究の
成功結果をしめす貴重な画像。

自由研究という
夏休みの宿題の中で最も
負担が大きいものを
後回しにしていた次男。

休み最後に慌てて取り組んでいた。

取り組んだのは、
「準備物は、酢と重曹とゴム手袋のみで
わすが30分ほどで出来るのに、インパクト
があり、レポートで高得点が取れる」
というもの。

もちろん、
ネットのお世話になっている。

丁寧な解説付で簡単にできそうだったけど、
最初は、やや失敗気味。
やり直して成功している。

最初の失敗で、何が原因かを考えて挑戦。
2回目に手袋が膨らんだときは喜んでいた。
私も思わず、その何とも言えない
不気味さにスマホを向けていた。

実験は成功したけど、
果たしてどういうレポートに
なったんだろう。
失敗の原因分析と改善策について
は書いたんだろうか。
「予想どおりにいきました」
で終わってそうな気もするが。

夏休みくらいから、また少し
オトナの階段を上がり始めたのか
私が宿題に関して口を出すのを
嫌がるようになった。

春ごろは宿題チェックも嫌がらず、
私からの課題までもきちんと
こなしていたというのに。

色々難しいお年頃。
機嫌がいいと思ってたら、
急に悪くなったり。

最近は必要以上に構わず、
「見守る」のみを心がけている。

[PR]
by tmrg-tani | 2018-09-21 08:48 | こども(現在) | Comments(0)