✳️雑誌「からだにいいこと」公式ブロガー✳️ 平凡すぎる毎日を少しでも楽しくするために、小さな「おもしろいこと」を探す日々の記録です。


by たにみち
カレンダー

2010年 03月 09日 ( 1 )

生活発表会

先日は生活発表会だった。
今回のガクの出し物は「劇・オズの魔法使い」
「合奏・おたんじょうびじゃないひのうた」
「歌・ゆうきのうた」

イベント好きな彼は今回も張り切っていた。
劇の役は「よわむしライオン」。
「よわむし」な役とは知らず、じゃんけんで勝ち取ってから
「よわむし」であることに少々不満を感じていた。

劇といっても台詞はなく、台詞も音楽も入ったテープに
合わせて動き、踊り、歌うというもの。
一つの役に3〜4人ほどの子が割り当てられる。
今回の「ライオン」役はガクを入れて3人。
3人が同じ衣装で、完璧に同じ動きをしてくれれば完璧である。

けど、もちろんそんなわけはなく〜

衣装はそれぞれの親が用意するため、色味や素材は
揃っているものの「おそろい」ではない。
動きは「だいたい」揃ってる?くらいなので、リハーサルで
全員が制服を着たまま、横一列に並んだ時は
どこからどこまでは同じ役なのか不明だった。

けど衣装を着て先生手作りの「おそろい」小物もつけると
まぁ〜かわいい♪感じに仕上がるもんである。

で、今回とっても良かったのは「歌」なんである。
「ゆうきのうた」
練習が始まったころから「おんどさってなにー?」
「まきもどしができないってどーゆーことー?」
「しこうかいろってなにー?」
「じゅうにんといろってなにー?」
などなど、やたらと難しい質問をしてくるようになり、
どんな歌なんだ??と思いネットで調べてみた。
そして一回聴いて、あっさり感動のあまり涙してしまったのだー。

発表会当日、みんな一生懸命歌っていた。
おそらく歌詞の意味は、ほとんど理解しないままだろうけど
ともかく無邪気に一生懸命歌っている姿を見て、ひとり
舞台ソデでうるうるしていたのだった。

「ゆうきのうた」ーでんしれんじー

オススメである。
[PR]
by tmrg-tani | 2010-03-09 15:26 | こども(幼稚園&小学生時代) | Comments(0)